calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
メール

categories

archives

Counter

ブログパーツUL5

SEO-Stats

土用波

怯える青天井に

 

一体何個のアーモンドを

 

かじらせるつもりなんだろ


文学禁止

人により程度は異なりますが、活字により文学への依存が生じます。

未成年者の文学は、文化に対する悪影響や書物への依存をより強めます。

周りの人から勧められても決して同意してはいけません。

 


金縛り

寝ていて金縛りにあった

 

動けない。

 

寝所の近くを、2メートルくらいのうなだれたような黒い影が

 

ゆっくり通り過ぎていくのが感じ取れた

 

やっとの思いで合掌し、とても小さな声で光明真言を唱えたら

 

元に戻った、

 

こんなこと書くべきじゃないとは思うが記録しておこうと思って


 北海道に砂金を取りに行きたい人生だった

でも、これは祖父の若いころの人生だったらしく

 

わたくしが行ってもアンマリ意味がなく、砂金も取りつくしちゃってるからね

 

良くも悪くも個々の人生なんでしょうな、納得できないけど

 

祖父は傷痍軍人だったのでそれほど働いてなかったのです

 

思うところができてしまった…


ノーベル賞受賞に寄せて 

だからね、だからねと冬の日本海をなだめるように叫ぶこと

それが日本の「科学する」 


無題

池の女神様にどこやらのウェブサーヴィスの斧が金か銀か
問われる前に仲間を動員して池の水
全部抜くのが例の●●●●●●で、ところで
遺書を書こうと思ってたんですがよろしかったでしょうか?斧は確かに
落としたしなにやら女性からもらったんだけど
「使う武器、結構違ったんで」というのが
実は私であるかもしれない、のです

あさぼらけ

モラル倫理と言い募る人は

あたりに撒けるほどのモラル倫理なし

差別ひたすら言い募る人は

この世に撒けるほどの差別これなく

ココロの黒い虹をあたりに撒く人は

まるで自分にそれがなくなるかのように撒く

人間より、如雨露のほうがえらい場合がある

胡弓がいいか 縦笛が良いか

明治維新のとき近代教育を始めましょうおずということになって
、調査の人が日本ではどういう
カリキュラムがいいか調べることになったんだって
わーい
小学校で習う楽器は何が良いかなあ
 二つ候補が挙がりました

縦笛と胡弓

 この二つだね
詳しい選考内容は省くけど
最終的に残ったのが
縦笛のほうです


でも縦笛ってのは吹きながら歌うってのが出来ないからね

胡弓のほう、皆さんで作って音だしてみたらいいとおもいますよ
電気使わない暇つぶしを少しでもたくさん考えとくんだ

むなしいのは誰の心

高名な夢追人に声をたまたまかけてもらって舞い上がる田舎娘のようにネット上でかりそめの交流をなして更けにくい夜を補うのは誰のアカウント、よく熟れた果実へ向かう六本足の羽音を滑らせるひそやかでありふれた風は誰の欠点だろうか、少なくとも自身にだけは日はまた昇ると信じて信じて世間をきしませる新たなまた新たなむなしさは誰の欲する魂か、閉じた心よりも業病にとらわれた狭い部屋にたたずむ踏みしめない足と頭痛が誰と誰に情念を咲かせた、またいくつかの文章を蒼い業火で焼こうとしたのはどのディスプレイに残像を焼き付けるため、時間の負債とネガだけを錐揉みするおそらく世に残らない耕地を敷衍するのはどの鍵面だったのか、答えをもたらす問いは無くただただ意識は冷えてゆく。


職が欲しい

夏の夜、セミが鳴いている

ああ、夏だなあと感じるだけなら

単なる日記である

それなら、仕事場の愚痴でも書いていたほうがいい


ある日、私はセミであり

ヒトの鳴き声を聞いていた

セミのほうが高度な社会文明を持っていて

ヒトのほうが体も小さく、

低級な生物層に甘んじているような状況を夢想してみた










ヒトの雄が土を蹴破り木に登り野太い声で

「女が欲しい!女がほしい!おんながホシイ!」


ああ、うるさい季節になったなあ、毎年のことだな

と思うのだった

昔バナナ好きの旅行家のセミがいてとある宗教施設に備え付けてある岩石に

こんな詩を託していたような気がする



女がほしい、金がほしい、名誉がほしいとか

あさましい鳴き声でヒトが鳴いているけど

聴いてるうちにだんだん静かな気分になってきたよ







…ちっともそうは思わないんだけどな、

と樹液をすすって寝ようと思ったら

家族にたたき起こされて


「たいへんだとーちゃん、ネットでヒトが一斉に鳴いてる!」


夏のヒトなんだからネットでどう鳴いてもおかしくないよな

睡眠は大事だぞ、とネットにアクセスすると



ヒトが、職がほしいと鳴いていた

あらゆる動画サイトで、大規模掲示板のまとめサイトで、その他いろいろなところで


職がほしい、職がほしい、職がほしい…


確かにそう鳴いているのである


ヒトに職なんて必要あるのか?土から出てきて食って寝てオスメスまぐわって鳴いてりゃいいんだろ?

ナゼいまさら? なんだろう


そう疑問を感じていると近くのヒトが集まって何物かを作り出した

さお状のもので先端にわっかがつきわっかに網がかぶせてある

ヒトの個体がめいめいそれを手に持ち、振りかざして

職がほしい、と大声で鳴くのであった








襲ってきた、何千いや何万の裸虫がいっせいに

私たちセミに向かってさお状のものを振りかざしてくる

ヒトよけに使う駆除剤も間に合わない!




意識が途切れたところで目が覚め、
私はオノレが人間であることに気づいた
ああやな夢だったなー
と思ってネットをうすぼんやり観ていると



殺人毒ゼミの一報がポータルサイトのヘッドラインに踊って

恐怖の持続に、じっとり汗したのだった

お外出られない…









| 1/3PAGES | >>