calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

ハゴロモチョーク

岡山県の奥地で作られてた書き味の良いチョーク

 

会社がつぶれ、機械は韓国に譲渡された

 

世界の数学者が書き味をめでる、愛でた

 

白墨の在庫がなくなったとき、数学者の思考は

 

どこに飛びたって行くのであろうか

 

 

新しい媒体ができることを、なおも信じたい


黙契氏が、すーがくは大事だよ、と、言い始めた




理系の勉強しすぎると、場合によっては極端な非コミュになり、

わしの父親みたいに息子苛め抜いて口も利かなかったり

する場合があるので、まあほどほどに

彼の場合、卒論に相当するもの書いてないので

あと、ゲーデルとか福祉関係から見て、どう思ってるんだろう

知りたいところ

チョソンが人工衛星を打ち上げました

日本でもどこかのホームセンターか何かが

人工衛星を自前で打ち上げてくれる、なんて話はないんだろうか

お店で柿渋を手にとって

考えてました




フィボナッチ数列と素数とどっちがいいのだろう

数列の話

大きな商店で倉庫に在庫持ってるときの商品のタグ付けをするとき

番号を使う

1番から順番のシールが業務用にある

自然数ですね

みんな1番から使うので

すぐ1番のシールがなくなってしまうのですよ

間に適度に空きがあって

重複しにくい数列の集合ってのは

どんなのがいいんだろ


素数がいいのかなあ

素数だとほとんど奇数しかないからなあ

フィボナッチ数列だと

全部足し算で住むからなあ

どっちを使おう

うー無

ということを、もうずいぶん前に考えていて

結論でなかったのです

若かったなあ

円周率の日と聞いて

今コンパスで丸を描いた
直径と円周の比が、大体3.14になる
なに、もっと細かく知ってるって?えらいなあ
中学生くらいになったら方程式というのを習う
xの答がいくらになるかってやる
そのときなあ、
今言うた直径と円周の比が
xの答になってこんにちわって
出てくるか、っていうと
でてこない
中学で習うぐらいだと絶対ムリ
xの答にならないやつらが
たくさんいて、しかもあらかじめ判別するのが
すごく難しいところまでわかってる









円周率というのは超越数なので

超越数ってったら何かというと

代数方程式の答にならない数、だそうですね

小学生に言うたら、理解したりするだろうか

ぜったい、チョコのお返しをしたほうがいい

とか、そんな風になると思います

それじゃ円周率なんか興味を持たなくなるので

何とかしないといけないな

と、考えました

考えた結果が冒頭なんですけど

どうでしょうね、もっといい説明があれば

最近、答のない恋が増えている

ような気もします

割り切れないんじゃなくって

答としても候補に挙がらない思いが、

電脳を駆け巡ってゆく

| 1/1PAGES |