calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
メール

categories

archives

Counter

ブログパーツUL5

SEO-Stats

 しんじゅわんこうげき

12/8は真珠湾攻撃の日なんですけど




当時の操縦士が、日の丸のついた鉢巻を巻いて

ハワイを攻撃、ということで、描写があるんですけど

(ABCD包囲網とかパナマ運河までどうして突っ込まなかったのか、イギリスはともかく何でアメリカにけんか売るのかと、そういうはなしはしません)

鉢巻の文字が「合格」になっております、大学受験とかに使う

ふつう、ここだと「報国」とかになるので

あさくさあたりのおみやげやさんでてきとうにかってきたのがそのまま

(ふかよみもしません)資料としてわたっていったんでしょうねえ、

あまり、笑えません

スイスの平和ははと時計、日本の平和は原子炉、どかーん

ここで思い出すのは漁師小屋

「潮騒」と書かれた日の丸の鉢巻が、この火を跳び越えて来いという

イザナミか誰かの厳しい誘惑と向かい合ってる…


からくにのことば(韓国語)のローマ字表記法

マッキューン=ライシャワー式(最初のもの
朝鮮語学会1940年式(大日本帝国時代)

文教部1948年式(韓国)
文教部1959年式
文教部1984年式
文化観光部2000年式(これが現行)

1955年式
1992年式(チョソンのそれ)

イェール式(学術研究欧米向け
福井玲式(中期朝鮮語用

たくさんあるねえ、

貴重な問題提起




まごのて、というお名前の方から貴重な4コマ漫画による提起
詠唱不可能な地域を設定する・建物に組み込んでおく

などといった形で、人員の浪費が防げる
ああそうだ、魔道戦士、どうするんだろ?

料理なんかするなコンロ




コンロがたてに二つ、少し考えれば、なべが取り回ししにくくてしかたがないのが、わかります

海原雄山がでてきて「このコンロを作ったのは誰だ!」とかいいそうで、
台所のつくりかたを念頭に入れて料理こしらえてるはずなんで

シールズのハンスト

腹ペコ祭りをする、イスラーム圏の女性が最低二人

時間についてかなり、疑義を呈していましたが

わたくしの意見はこうです




どうなってるんだろ?

音声言語表記に関する欠陥





平音、激音、濃音

ひょっとしたら、できるだけ、教えないようにしてるのでは?
からくにのひとは、言語政策的に、よその文明の表記なんか
どうでもいいと思ってるのかしら?
色目人の新手の嫌がらせなのでは、とかだったりして

「戻る」で進む




とあるDJの人がホテルに泊まって、TVの受像機、いじくってたら、

戻る、のボタン押して、進ませるようにしてるのです

いや、さすがにおかしい、見事見事、夏の思い出(泣

どう改善したら、いいのかね、これ?

佐野研二郎氏

共和制志向だと、イコノロジーに関する管理のデザインが、どうしても弱くなる

貴族の紋章が人殺しマークというのなら、画工デザイナーのクライアントが、

ひどく限られてくるんだ

リエージュのこと考えてたのは確かで、ベルギーだったら、

「道じゃなくって、国!」志向筆頭でございますので

まあ、たとえば、ギークハウスであれば、

(相談はぜんぜんしてません)手作りワッフル売るときに

あれをつかってもいいとおもいます

荒川智則と、どっちが成功してるんだろう…?

ひらパーじゃないほうのPOOL JAPANのほうで使ってもらうんだったら

紹介はできない、理由はわかってますね?

ワッフル食ってニコニコしてくれる人がいるだけで、

画工の理屈はかなり改善できるけどな?

とにかく、にげるな、いいね?私からはこれだけだよ

さのけんじろうさんはなにをやってるのか

ぜにかねもらって、かじばどろぼうのようなことするのはどうかと




Sano nos hace asano.

佐野(まともなひと)が僕らをおかしな人扱いする

というスペイン語のフレーズで何とかなるのでは、獄吏。

壊色

仏教旗

青黄赤白樺

色として使う

壊色として樺色を選んでる

これはどういうことか

正しい色の定義

赤であれば

赤く、赤であり、赤と呼ばれ… (中略) 誰も赤であると信じて疑わないもの

でもなあ、豆腐が白いって言ったとき、「厳密には薄いベージュです」

とかまぜっかえすのがいるんだ

参考:まくるめおじさんのついーと|19:49 - 2012年12月2日



苦心の結果、正しい色を壊す色こしらえて、色を求めて色を包摂するしかないんだ

という結論に達したらしく

色として正しくなく
正しくない色であり、
正しくない色と呼ばれ
(中略)
誰も正しくない色であると信じて疑わないもの


を、サンガの結集の協議の結果、旗の色としてみんなに撒く

いま、樺色、あんまり使わない、袈裟の色に使う

最終的に、

インターネット上で「豆腐は白い」って書くと、「白くない豆腐もあります」「白い豆腐が食べられない人もいるんですよ!」「私の豆腐は白くありませんが」「厳密にいうと薄いベージュです」「豆腐は黒くあるべきです」「豆腐信者乙」「豆腐主義者め」「豆腐とはお前自身だ」などのリプがきます。


を、袈裟は壊色だ

って言えば、どうなるか
壊色でない袈裟もあります→そういうのは使わないよ
壊色の袈裟がかけられない人もいるんですよ→在家乙、合掌です
私の袈裟は壊色ではありませんが→少し壊して差し上げましょう
厳密に言うと薄いベージュです→今樺色じゃございませんでしたっけ
袈裟は黒くあるべきです→あんたの黒は黒くない!
袈裟信者乙→標識として迷惑のかからないものを
袈裟主義者め→ブッディストです
袈裟とはおまえ自身だ→着物です

合掌、せずには、いられない

こんなことを、寝仏の形になって、考えておりました…



| 1/3PAGES | >>