calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
メール

categories

archives

Counter

ブログパーツUL5

SEO-Stats

最近たどんのことばっかり考えてる

たどんがほしい

まず、貧乏な国でたどんを作ってもらうことを考えた

カンボディアがいい

あそこは貧乏だ

苦労してやしガラを炭に焼いているが、国内事情があって

うまく船で輸出できないだろう

(港と首都の間に山脈があります)

(炭は危険物扱いなので書類がたくさん要ります)

陸上輸送に頼るほうがいい

というわけで、港にたどんの原料をあつめて

(バガスがよい、大量に余っている)

近くの工場に集めて炭に焼いてたどんを作る

たどんは知ってるな、炭の粉をのりのようなつなぎを少し混ぜて

砲丸のように丸く形成したもの

火持ちが大変よい

出来たたどんを

国内を輸送して国境の町で近隣諸国に買い付けしてもらう

やしガラは焼かずに近隣諸国にまわして工場で加工してもらい

少しでも外貨を稼ぐべし

カンボディアは貧乏なので

焼いてないやしガラでも国費の足しになるのでは

コストを計算して、うまくいったら早速実行に移しましょう


などと見てもないのにカンボディアについてあれこれ考えを廻らす

何が楽しいんだろう

そりゃもう、

日本国内で失政が目立ち、

国家の命運について少しでも自分自身で

考えておかねばならないと

もし最貧国の人間になったときを想定して

ぶるぶる震えているのさ

比較的うまく考えがまとまっていったので

書き記した次第

うまくいくかどうかなんてわかんないですよ




| 1/1PAGES |