calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
メール

categories

archives

Counter

ブログパーツUL5

SEO-Stats

串本町史

とある場所で串本町史という題の

分厚い本を読んでたら

最初の50ページくらいがちぎりとられていたんだよ

串本の先史時代を頭に入れて

観光をしたかったんだけど

これじゃちょっとなー

はなはだ残念である

倉又式噴霧器

で、またテレヴィジョンをみていたら

タイトルのような高品質の霧を吹き出す

道具をフランス人が使っているさまを

(紙製品の洗浄に用いる)

番組で延延やってまして

なぜかとてもほしくなる

晴れた日に霧吹きで霧を吹いたら

うまくやれば虹が出てくる

大変美しいだろう

そんなことを考え

自分の葬式にも虹を出してほしいと

考えた次第

(核の冬だったら仕方がないんだけどな)

肝心の噴霧器ですが

ネットで探せば、すぐ見つかるもようなので

皆さんでどうぞ

それじゃー




フランツ・ヨーゼフ一世

ホテルでテレヴィジョンの受像機を眺めていたら

オーストリアの皇帝一代記をしていて

朝早起きなんですね

3時半くらいに起きて

ちっちゃかちっちゃかお仕事するんだそうです

で、幸せになったかというと

ぜんぜんそんなことはなくって

弟さんをイタリアにやったら

なぜかメキシコの皇帝にさせられてしまい

デスペラードなメキシコ人に反革命の罪きせられて

処刑されてしまう

皇太子である息子は父ちゃんとそりが合わなかったらしくて

30歳のときにJK17歳と

無理心中

(皇太子をあきらめてニートになればよかったのに)

今度は甥の人が皇太子になったんですけど

血の気の多いセルヴィアの若いもんに

撃ち殺される

みんな知ってる第一次世界大戦のはじまりですね

…かわいそうですね

終わりを見ないでぽっくり逝きました

仕事も休み休みするとよろしいとおもって

もんもんと眺めていました




カテゴリ潮岬2012に写真少し入れた

暇があればどうぞ

まとめはここ

だるい

写真をたくさん撮ってきたんだけど

pc本体へうつすのがだるい

明日にしたいとおもいます

みやげ

かえりにみやげ物を求めた

菓子屋にはいり

和菓子を買う

たくさん木型があったので

写して帰る





木工職人になりたい人はこういうのもあります

桜か、さわらを使うんだっけ


そういうことでー






大芝生

千畳敷の大芝生で

しばらくをすごした

白鷺の親子がいた

どこへ飛んでいくのだろう


大変よい気分になったのだけど

潮岬タワーというところから

大音声で



中山美穂とか初期のスマップとか

そんな曲がかかってくる

…控えめに見て毒電波である

気分的には、確かに、



海の碧と、空の蒼とをあきらめて、唯ひたすらに水平線


なのに…



神社杜

串本からしおのみさき神社周辺へ苦労していった

海沿いは遠回りです

潮岬地区を通っていくといい

海抜が非常に高いので

潮岬地区は生き残る可能性が大(津波のことですよ)

デモ、見るべきところはほとんどなくって

高地性集落が狭い道と仲良くしているさましか

みてとれません

jinnja

神社の杜は木がうねうねして

産土の御霊ってものを感じたけれど

石灯籠が欠けておりました

求む!寄進者ってなかんじ

近くにある灯台にのぼり

toudai

急な階段を上り

海を見渡した




すし屋

回転すし屋がありまして

11から営業

新鮮なねたがドンドン出てくる

そこの魚市場でとったもの

放射能気にせず食べました

curse us no nukes

たった一つだけ問題があって

どうやら、ネタが尽きたところで閉店らしくて

15にいったらもう閉まっていました

さぬきうどんの製麺所みたいな店である

あっさりした営業でした

はまべ

自転車に乗って

人がほとんどいない

串本地区西岸の浜辺に行った

タカラガイや流木が落ちていた

海もたいへんきれいで

雰囲気が非常によろしい

猫のものとおもわれる

頭蓋骨も落ちていた

いくつかを持ち帰ろうかとおもったのだけれど

無くしてしまった

あーあ



| 1/2PAGES | >>